全社でファイル共有することで業務効率化に

会社によっては、内部で設けられている部署ごとに使用しているシステムが異なり、情報の共有が不十分な場合があります。

そうなりますと部署間同士の情報伝達に手間が生まれてしまったり、スピードに欠けてしまったり、時に誤った情報が行き来してしまう場合があります。

そうなってしまいますと通常の業務にも支障が生じてしまう場合がありますので、部署の垣根を越えて全社で共通のシステムを基盤としたファイルを共有する必要性が生じます。たとえば製造メーカーの場合、在庫管理や製造する量、販売実績、他社への発注などを一元的に管理をしておかなければ、無駄なロスが生じてしまう場合がありますし、販売あるいは営業時に品物が足りなくなってしまう場合すらあるかもしれません。



製造、販売あるいは営業、在庫管理などそれぞれ異なる部署でそれぞれの情報を管轄しているとなりますと、タイムリーな情報の行き来は難しく、ビジネスチャンスを逃す可能性すらあるのです。



そこで一連の作業で必要とされるすべての情報が入っているファイルを共有することによって、スピーディーに正確な情報を把握することができるので、ビジネスチャンスを逃すことも、ロスを生むことも避けることができます。


手間やコストを抑えることはもちろんのこと、情報の共有が業績を左右することにもなりかねないので、ファイルの共有は会社の規模が大きく、部署が多いほど必要性の高い事案であるともいえるのです。

教えてgoo情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。